タグ:サッカー ( 10 ) タグの人気記事

ポルトガルセレブの生活

日曜日、去年引退したばかりのサッカー選手(ポルトガル人)、ウーゴ・ポルフィリオの家に招かれた。
普段、こうしたお誘いは、私もモモもあまり好きではないので、断ることが多いのだが、時間帯が早かったことと、私達(友人二人と、そのうちの一人の奥さん)だけの内輪の集まりだったので、快くお誘いを受けることにした。
<私の本当の理由は、彼の邸宅が私がこよなく愛するシントラの山にあると聞いたから!>

さすがシントラの家。神秘的な緑に囲まれ、タイムスリップしたかのようなたたずまい。中はモダンで、逆にシントラの湿っぽさを感じさせないイメージに改装されていて素敵だった。但し、残念なことにせっかくあるデザイナー家具やインテリアがあまり栄えない感じに配置されていたこと。もったいないわ。
a0101008_233531.jpg
a0101008_082966.jpg

さて、食事は奥さんの手料理。
●ポルトガルの伝統料理である、タラ料理→今まで食べた中でもトップレベル!
●サラダ→ポルトガル人が作ったとは思えなない程お洒落で、しかも非常に美味しかった!
そして、2ラウンド目には、なんと寿司&刺身でもてなしてくれたのだ。
奥さんは寿司が大好きで、去年寿司教室に通っていたらしい。
が!・・・正直言ってこの寿司、(先生がブラジル人だったからか?)ご飯がベチャベチャで、更にそれを粘土のように扱っていて、すさまじかった。けれど出来上がり(盛り付け)は綺麗で、味も悪くなかった。
なにしろ日本人の私に堂々と寿司をまかなってくれるところが気持ち良いではありませんか。
実際、彼女は素晴らしい人でした。
a0101008_2351255.jpg
(関係ないが、左側三人の鼻の大きなこと!)

今度は(元サッカー選手である)ご主人。
美味しいワインを振舞ってくれた。
しかししばらくすると(私達には充分美味しいのに)「旨くないな、このワイン」。更に数分後には「駄目、駄目」と、皆のグラスのワインを捨て、別のワインをデキャンタして持ってきてくれた。
が!・・・デキャンタボトルを豪快にシェイクしているのだ。グラスに注がれたワインは、あぶくが立っている。ふふふ、さすがスポーツ選手だわ~。
更には、誰かがワインの銘柄を聞くと、あっけなく「知らない」と、気取らない。
最も、格好つけたところで、サマにならないのが、(所詮)ポルトガル人ってとこなのかもしれないが。
a0101008_073660.jpg
(少し収まってはいるが、あわ立つワイン)

最後にモモたち。
サッカーするメンバーが足りないからと、恐れ多くも彼を誘っていた。彼も彼で、「運動しなくちゃな」と、モモたちのようなオヤジサッカーの話に乗っている。

ラテン気質とは、本当に不思議である。

a0101008_0544980.jpg
(寝室のバスルーム。上手にアンティークアズレージョ(ポルトガル式タイル)を利用している。)
a0101008_0551989.jpg
(きりんちゃんはモモと一緒に家のボクサー犬とボール遊びをしていたが、あまり理解できてないみたいだ。)
a0101008_11397.jpg
(私は全く別のこの家がとても気になっていた。)
[PR]
by megimei | 2007-10-25 01:50

W杯終えて・・・

a0101008_9261339.jpga0101008_9264538.jpga0101008_927935.jpg
写真1:戻ってきたポルトガル選手団。
まるで、マフィア集団じゃありません?
っつーか、日本の冠婚葬祭コスチュームですよ。しかも皆ネクタイの結びがデカイよ。

写真2:天然チャーミングな、スコラーリ監督。
この人は、本当にいつも愉快な人です。
「ポルトガルナショナルチームに残るのですか?」と言う記者に対して、「残るかもしれないね。・・・それとも去るかな?」だってさ。
どっちだよ~。

写真3上:
ロナルド「準決勝の90分間、どうやって姿を消したんだい?」
デコ「分かってるだろ、おれはマジシャンだぜ」(注:彼は、サッカー(がうまいと言う意味で)の手品師と呼ばれている。)

写真3下:
ドミニク監督は、どう思っているでしょうか?
A:ポルトガル人は、フェイクで、ズルくて、荒くて、無礼で、だまし屋である。
B:イタリア人は、マフィアみたいで、シニカルで、意地悪で、こそ泥で、安っぽいオヤジである。
C:イタリア人は、まるでポルトガル人みたいである。
[PR]
by megimei | 2006-07-11 08:21 | どーでもいーか

ちょっと一言

イングランド/ポルトガル戦で、ルーニーが色々と言われているみたいですね~。
なので、私にもちょっと言わせてください。

ルーニーの私生活は、相当荒っぽいみたいですが、前回のレッドカードは別だと思う。ありゃ、やり過ぎだよ。
レフの正確な判断は分からないが・・・
1)股間を踏んだのは、わざとではないと思う。
2)ロナウドを突き飛ばしたのは、ロナウドの方が悪いよ。

ロナウドがわざとあのような態度をとって、ルーニーをそそのかしたに決まってるじゃない! やり方が汚い!
そもそも、ロナウドとルーニーは、同じチームメイトだよ!
ルーニーは、早速彼をぶっ飛ばす、と宣言しているみたいだけど、当然だね。ハハハ。
[PR]
by megimei | 2006-07-04 08:53 | どーでもいーか

よっぽど悔しいのね

スペイン、負けちゃったのよ。

毎度のことだけど、今回も夜中に起きちゃったんだって、モモ。
午前3時くらいに、いきなり「クソっ!」って、目が覚めたらしい。

サッカー映像が頭をぐるぐる回り、眠れなくなる。
起き出すが、煮えくる怒りの行き場に困り、しばらく暗い部屋の中をウロウロ歩き回るの。

どうしようもなく、睡眠薬を飲んで寝たそうです。

こうなると、徹底的にポルトガルが早く負ける事を願うのです。
周りのポルトガル人が得意になっていると、無性に腹が立つらしい。

こんな人を夫に持つがゆえに、私は(ポルトガル在住日本人なのに)スペインチームの熱狂的ファンになりきる訳です・・・。
[PR]
by megimei | 2006-06-30 07:18 | のんきな私たち<family time>

スペイン、二戦目

a0101008_9152986.jpga0101008_9162016.jpgモモは確信していた。というけれど、私はハラハラしましたよ。
結果、最後に3点入れて、3対1でチュニジアに勝ちました。

せっかくマラドーナがコメンテーターで入っているのに、何もしゃべってくれないじゃん!


写真は、サポーター観戦場所のレストラン前。
親子3人。
[PR]
by megimei | 2006-06-21 00:24 | のんきな私たち<family time>

4点差

a0101008_9124629.jpga0101008_9133239.jpg取り敢えず、スペインチーム一勝です。
しっかりと4点入れて。

オーストラリアの3点は驚いたが(サッカー下手だねぇ)、韓国は偉いぞ!次に通過するよ。
それに加え、ベテランチームのプレイには、あきれるね~。
最近のサッカーって、ディプロマティックになりすぎて、大差をつけるって事が少なくありません?

写真は、レストランでスペイン観戦の様子。午後2時からの試合だが、お父さん達はがんばって駆けつけてくれました。
[PR]
by megimei | 2006-06-16 01:30 | 外の空気<エンタメ>

Wcupを追う衛星

ワールドカップ関連のチャットがある。

ワールドカップの試合を放送する、衛星&チャンネルを報告し合うのである。
「○○衛星、△△番組で、ほぼ全てやるよ」
「△△は、有料チャンネルになっているはず」
「ぼくも調べました。△△フランスなら無料、衛星◇◇になるけどね」
・・・ってな感じです。

この数日間、モモはこの情報に追われ、いちいち屋根に上っては、衛星ディッシュを目的の衛星に合わせている。
そして私は、その度に受信ボックス/TVの前で、どの位電波を受けているかを確認しなくては、ならないのだ。
「いくつっ!」
「受信80%!クオリティー30!」
こんな怒鳴り合いを、20分以上も続けるのです。

サッカーの事になると、本当に熱心なこと。
私にとっては、とんだワールドカップシーズンの始まりなのでした。
[PR]
by megimei | 2006-06-11 23:24 | ルシタニアを知る?

ワールドカップ間近

近年、ワールドカップが近くなると、テロリズム+フーリガン対策が表沙汰さるようになってきている。
今回は、東ドイツでの開催。
もともと共産圏だった東ドイツに関するフーリガン情報は乏しく、今まで通り過去の欧州ブラックリストやらを活用できず、困難を招いている。

私がふと気になったのは、スキンヘッド(ネオナチ)の方。
特に黒人サポーターをどう保護するのか、気になる・・・。
スキンヘッドは、欧州ならどこにでもいるが、東ドイツは発祥の地ではないか。
彼らは、非常に元気が良いので、coloured なら用心していただきたい。

ちなみに最近、スキンヘッドにしない連中が増えているので(ポルトガルにおいてだが)、注意してほしいばかりである。
[PR]
by megimei | 2006-05-23 01:54 | 心の鏡

今年初コンサート

a0101008_83209.jpga0101008_8323566.jpgコンサートがある時は、モモはいつもサッカーボールを持って行き、会場の準備ができあがるまで仲間達と遊んでいる。

この国ではサッカーは、国民的スポーツ。モモたちが夢中で遊んでいれば、まわりの男性、男の子たちも加わってくるのである。

今回は、どこからか、ちびっ子たちが参加し、彼らのすばしっこさに大人たちは必死である。

写真は、その時の様子。
[PR]
by megimei | 2006-05-01 04:50 | ステージモモ

レアル・マドリッド映画

今年カンヌに出品したらしい。

レアル・マドリッドチャンネルで、時々宣伝している。(結構、良い。ワールドカップの時の、ユニセフ宣伝みたいな作り)
勿論、日本が舞台の映像がたくさん出てきます。
a0101008_22414171.jpg中でも印象的なのが、テレビに映るベッカムにウットリする女学生の姿です。ケッケッケ。
映像が流れている時に、急いで撮った写真なので、あまり良く撮れてないのだが、ベッカムってかっこいーかなー?
全くタイプではない。
そんなのどーでもいーか。行きつけのカフェにいる訳でもないし。
でもまあ、サッカーがうまい事は認めます。
レアル・マドリッドで、輝かしい活躍をしている訳ではないが、彼のロングパスの正確さには、本当に感心してしまう。

来たボールを正確にロングパスするだけのため、フィールドの決められた場所に、試合中ずっと突っ立っていてもらいたい。 全然、褒めてないか。
[PR]
by megimei | 2005-08-22 06:35