緊縮策に対する抗議デモ

何気にモモのお父さん、ポルトガルのニュース番組でコメントしてる。
a0101008_6585430.jpg

先月末のデモに参加しましたか。
警察も参列するとの噂でしたが・・・。

温厚なポルトガル人も怒っています。
この国の場合、大不況どころか、それを管理するシステムが崩壊しているのだから、たちが悪い。

スペインのデモでは、街が国民で埋め尽くされる程に発展するのが常。フランスでは、デモで車が燃え上がります。ポルトガルでは、みんなビーチでリラックス・・・と写真付きでバカにされますが、そのポルトガル人でさえ怒っています。

最近は、規模も回数もどんどん増えて続けています。
友人から何度もお誘いの声がかかるのですが、毎回都合がつかない。
ちなみに、そうです。私は怒り狂う国民クラスに属しております。
「クソ政府!どうにかしろー!生活苦しいのがわかんねーのかぁ!」と叫びながら、胸を張って行列に加わるべき階級の者です。

書きながら、腹立たしくなってきたので、そろそろ終わりにしますが、早い話し、先月末のデモは、行く気満々だったのにも関わらず、膀胱炎になってしまいキャンセル。
(その話しは、後々するとして)結局、腐った国のトップクラスのゴシップするのみで、未だポルトガル一般庶民と共に怒りを表現出来てないのです。

冷えたビール飲んで、忘れるかぁ。
私の方が、あるべき姿のポルトガル人になりつつあるような。

a0101008_6594063.jpg

<モモパパは、スペインであった巨大デモの解説をしてました。スペインでは、このデモをきっかけに、カタルニアが独立運動を起こし、大変な事になっていたのであります。>
[PR]
# by megimei | 2012-10-19 07:01 | ルシタニアを知る?

きりんのお誕生会1

実は、7月20日(金曜日)は非常に忙しい一日でした。
日中は、きりんタンのお誕生会もやったのです。
同じお誕生日のトマースと一緒に、マフラの公園(Jardim do cerco)でやりました。
普通なら既に夏休みに入っている時期ですが、きりんタンの保育園は年中無休な為、午前中に子供たちを保育園に預け、その間に準備。午後、きりんタンと他の生徒をピックアップし公園に向い、お誕生会スタート。
a0101008_11244132.jpg
テーブルに乗らない程のお料理がありました!

このJardim do Cerco は、緑が豊富な素敵な公園です。奥にピクニックできる施設と、その横に子供の遊び場があります。子供たちは、公園に着くなり皆この遊具の方へダッシュしてしまうので、せっかくゲームを準備してきていても、全員集まらせるのに一苦労!!
それでもどうにか、二人三脚のレースと Pass the Parcel を成し遂げる事が出来ました・・・。トホホ・・・。
a0101008_113023100.jpg
a0101008_11345180.jpg
a0101008_11391885.jpg


向って、きりんタンの左側にいる男の子が、もう一人のお誕生日坊やトマースです。
a0101008_11415611.jpg

面白いのは、ポルトガル人(正式イギリスとアフリカのどっかのミックスでもある)トマースはきりんタンと全くおなじ日に、日本で生まれています。半分日本人であるきりんタンは、ポルトガルで生まれているの。
近くにこんな人がいるなんて、出会いと言うものは、本当に不思議です。

a0101008_1146014.jpg
トマースのひいおじいちゃんです。愉快で元気な方でした。

結局Margarida 以外、全員が参加してくれた賑やかな午後となりました。
楽しい、楽しい一日でした!
きりんタン、5歳のお誕生日おめでとう!


<トマースのお友達が編集した、お誕生会の動画です>
[PR]
# by megimei | 2012-08-25 12:02 | きりんとしゃちの物語

The Tall Ships Races コンサート

The Tall Ships Races クライマックスの金曜日、モモのバンドPrimitive Reason が演奏しました。
この日は、きりんタンのお誕生日でもあったので、丁度コンサートが始まる事前に、子供たちを連れて観に行きました。

ステージは、ポルトガルの帆船、サグレスの真横に設置されていました。
a0101008_8121725.jpg


a0101008_8131235.jpg
子供たちのこのファッション、私ではありませんよ〜。
きりんタンがスカーフをしたら、シャチ君が自分用にマフラーを見つけ、ついでにトラの帽子をかぶる。すると今度はきりんタンもかぶり物が欲しいとクロゼットに走って行きました。
どっから見つけてきたのか、パンダの帽子をかぶってきました。(なんでこんなのがあるんだ?!)

真夏だと言うのに、冬の格好でしょう!
それでも二人は大満足でした。
この格好で最後までモモのライブを楽しみ、関係者の男性に肩車されたりしたので、とても目立ってました。

a0101008_814863.jpg
世界の帆船がつらなって、タグス河に止めてあります。対岸からの景色もきれいなんですよ〜。
[PR]
# by megimei | 2012-08-14 08:14 | ステージモモ

The Tall Ships Race 2012

a0101008_6332677.jpg
今年の The Tall Ships Race 第一レースは、リスボン港がホストしています。
テージョ河に、立派な帆船やヨットが何艘も続けて帆走しているのを見た人もいるかもしれません。
ポルトガルの輝く太陽の下で、高くそびえるマストのまぶしいこと!
私は、小さい頃に見たのを今でも鮮明に覚えています。

ポルトガルと言えば、サグレス。
いくつもの帆に赤い十字が入った巨大な船です。
サグレスは、このレースでリスボンが近くなると、サービスで帆を全開にして港に入ってきてくれます。
サグレスの十字は、そう見る事が出来ないので、貴重なひと時ですね。
今年もやってくれたのかしら?

さて、最初のヨットや船は既に13日にフィニッシュラインに到着しています。入港最終日は、この木曜日です。一体、どのような結果になったのでしょう。

このイベントの一貫である、夜の音楽コンサートで、モモのバンド(Primitive Reason)が演奏します。
20日(金曜日)です。入場無料。
この日は、Terracota も演奏します。他に、船員達のパレードや、表彰式等もあり、一応イベントクライマックスの日でもあります。

ご興味ある方は、是非いらしてください。

<リンク>
http://www.tallshipslisboa.com/?lang=en
http://www.sailtraininginternational.org/events/the-tall-ships-races-2012

a0101008_6335683.jpg

[PR]
# by megimei | 2012-07-17 06:34 | ステージモモ

チャリティーランチ2012

a0101008_852323.jpg
やっと去年から予定されていたチャリティーランチが終わった・・・。
勢いで実施した去年のと違って、今年はじっくりと計画できる時間があっただけに、かなり緊張した。
短時間で行った方が失敗する確立は高いだろうに、時間があると余計な事が頭をよぎり、むしろ不安になってしまう。
面白いものだ。

今年も皆で腕をふるった、和食料理がテーブルを飾り、いらしたゲストに大変喜んで頂けた。
今回は、日本のグッズ販売ブースを設ける事になり、それに向けてリスボンチームが折り紙のくす玉を初め、ハンドメイドクラフトを用意して下さった。

私は昔、イベントを企画/運営した事があるのだが、私たちは、非常に優秀メンバーだと思う。
主婦だけあって、良く気が回るし、動きも機敏。
「おーい!誰かコレやってー!」の声に、ゾロゾロと全員が同じ作業を初めてしまう学生とは違う。
更に先を読んで準備をしたり、自ら気づいた事を対処する。
なお、褒めたたえれば、それぞれの特技というのが、絶妙のパランスなのも素晴らしいのだ。

今回の会場は、理恵さん宅でした。エリックのコレクションが理恵さんの素晴らしい和インテリアと調和し、まるで博物館のような空間でした。
皆で「花」を合唱し、陽子さんにファドを歌って頂き、IWP代表の方が挨拶をする頃には、色んな思いが何十にも重なって、泣きそうになった。

世界を恐怖に巻き込んだ、東北大震災からやっと一年。
未だに苦しい思いをしている人もいるでしょう。解決せねばならない課題も山積みです。
こうして、遠い祖国を思う私たちの気持ちが、あめ玉になって子供たちの上に降りかかればいいのに・・・。
[PR]
# by megimei | 2012-03-18 08:52 | 心の鏡