カテゴリ:きりんとしゃちの物語( 17 )

きりんのお誕生会1

実は、7月20日(金曜日)は非常に忙しい一日でした。
日中は、きりんタンのお誕生会もやったのです。
同じお誕生日のトマースと一緒に、マフラの公園(Jardim do cerco)でやりました。
普通なら既に夏休みに入っている時期ですが、きりんタンの保育園は年中無休な為、午前中に子供たちを保育園に預け、その間に準備。午後、きりんタンと他の生徒をピックアップし公園に向い、お誕生会スタート。
a0101008_11244132.jpg
テーブルに乗らない程のお料理がありました!

このJardim do Cerco は、緑が豊富な素敵な公園です。奥にピクニックできる施設と、その横に子供の遊び場があります。子供たちは、公園に着くなり皆この遊具の方へダッシュしてしまうので、せっかくゲームを準備してきていても、全員集まらせるのに一苦労!!
それでもどうにか、二人三脚のレースと Pass the Parcel を成し遂げる事が出来ました・・・。トホホ・・・。
a0101008_113023100.jpg
a0101008_11345180.jpg
a0101008_11391885.jpg


向って、きりんタンの左側にいる男の子が、もう一人のお誕生日坊やトマースです。
a0101008_11415611.jpg

面白いのは、ポルトガル人(正式イギリスとアフリカのどっかのミックスでもある)トマースはきりんタンと全くおなじ日に、日本で生まれています。半分日本人であるきりんタンは、ポルトガルで生まれているの。
近くにこんな人がいるなんて、出会いと言うものは、本当に不思議です。

a0101008_1146014.jpg
トマースのひいおじいちゃんです。愉快で元気な方でした。

結局Margarida 以外、全員が参加してくれた賑やかな午後となりました。
楽しい、楽しい一日でした!
きりんタン、5歳のお誕生日おめでとう!


<トマースのお友達が編集した、お誕生会の動画です>
[PR]
by megimei | 2012-08-25 12:02 | きりんとしゃちの物語

2012年カーニバル

今年から、一部の地域を除き、カーニバル連休が廃止されました。不景気〜!

2012年カーニバルの写真をアップしておきます。

**************

今年は、保育園で用意しているカーニバルコスチュームを着るだけかと思っていたら、それは保育園パレード用で、老人ホームのおじいさん、おばあさん達と一緒に祝う日は、自由に仮装する事になっていたのです。
それを知ったのが、なんと既に前夜。
家の中をひっかきまわし、シャチ君は、海賊/山賊として出来上がりました。
きりんタンはミニーマウスにしたかったのですが、お洒落に興味がある、お嬢ちゃんなので、去年着たフラメンコ衣装をまた着たいとのことで、ご覧の通りです。
a0101008_0484068.jpg

シャチ君は、ロカビリー調も似合うと思い、ちょっと試してみました。
ナンバー1です。
a0101008_049348.jpg

顔にハートとか星とかを描けと、二人ともよって来るので、ペインティングしてあげました。
きりんタンは、眉毛が濃いので、まずはそれを肌色とかで隠してからにしないと、おかしな事にになりますね。
a0101008_051565.jpg



今年は、初めてこちらのカーニバルパレードを見に行きました。Malveira da Serra のパレードで、あいちゃん達も一緒です。赤髪ピエロがあいちゃんです。
a0101008_6452616.jpg

適当なチームもあれば、豪華に作り込んでいるチームもあり、ギャップの激しいパレードです。私が面白いなと思ったのが、この台車です。
a0101008_647855.jpg

沈みかけているのは、ポルトガルのシンボル、サグレスの帆船です。
a0101008_6475723.jpg
そして良く見ると、後ろは、傾き過ぎのピサの斜塔と壊れたギリシャ宮殿。これらどの国も、本当にヤバいです!


次の日は、保育園のパレード。シャチ君のクラスは、ハイハイの子もいるので、お留守番です。村の中心で待っていると、保育園の方から子供たちが歩いてきました。
a0101008_6484811.jpg
訳分からん感じですが、一応ハートです。
あまりパッとしませんが、オリジナルで手作り感があるのは、とても良い事だと思います。

今年のカーニバルの締めくくりとして、あいちゃん宅でパーティーの写真を一枚。
a0101008_6493551.jpg
みんな仮装して行く事になっていたので、海賊になり、張り切って行ってみると、どうも子供たちだけだったみたいです。恥ずかしい・・・。
更にもっと恥ずかしいのは、帰る前にトイレに行き、鏡に映った自分の姿を見て、ビックリした事。長いおしゃべりの間に、自分の厚化粧の事をすっかり忘れてました。
a0101008_6502643.jpg
         三人でポーズ
a0101008_651776.jpg
          一人でポーズ
a0101008_6514288.jpg
          大きくなったら、エンジン付きのを乗り回すんだろな・・・。

最後は、きりんタンが保育園で作ったお面です。表情がありすぎて、怖い・・・。(シャチ君に捨てられてました。)
a0101008_6522042.jpg

[PR]
by megimei | 2012-03-03 07:01 | 未分類

きりんでなくて魚の子

a0101008_2104267.jpg
我が家のワイルド娘きりんタンは、ポニョ(アニメキャラ)に良く似ています。
見かけだけでなく、性格も同じ。

「なんじゃこの子は、ポニョみたいだな」と手に負えない我が子を前に、途方に暮れる毎日だったのですが、彼女が二歳半を過ぎた頃から、なんだかとっても可愛く思えるようになりました。
以前と同じポニョなのですが、女の子らしさが出て来て、少しは普通っぽくなってきたというのかな。

そのきりんタンですが、しゃち君が産まれ、お決まりの赤ちゃん返りしました。
おしゃぶりを欲しがり、哺乳瓶で牛乳を飲み、時にはそれを私たちの膝の上で飲まさせてもらいたがったり、おまけには、私のおっぱいを飲みたいとも言うように。

しゃち君誕生、二週間目くらいからは、嫉妬が始まり、必要以上に私に抱っこされたがったりしました。

でも一番大変なのは、弟の世話をしたがる事かも。
きりんタンはただでさえ乱暴なのに、力加減が分からないものだから、しゃち君が壊れちゃいそうです。
可愛がっているのに、ガミガミと怒る訳にもいかず、困ってしまいます。

当のしゃち君は、ちゃんと分かっているのか、きりんタンの声が側で聞こえると、体をこわばらせ、守りの体制に入っています。
a0101008_2114369.jpg
a0101008_21367.jpg

[PR]
by megimei | 2010-05-01 02:13 | きりんとしゃちの物語

長男誕生

a0101008_231580.jpg
産まれたて〜!
申し遅れましたが、3月11日午後7時に、我が家に男の子が加わりました。
産まれた時の体重→約2800グラム、身長→48センチ。
多少小さめの赤ちゃんですが、なんの問題もなく、お姉さん(きりんタン)にもまれながらも、元気に育っております。

名前は、鯱(シャチ)君です。
ポルトガル語の「シャト(うざい)」という音に似ているため、彼が産まれる前からからかわれたりと評判が悪かったのですが、「ビビッ!」と来た名前だったのと、響きが好きだったので、そのまま通しました。
但し、さすがに発音できる人が少ないので、「Zayin ザイン」という名前も付けました。
よって正確には、ザイン鯱 君です。 どうぞよろしく。
a0101008_234533.jpg
a0101008_241048.jpg

[PR]
by megimei | 2010-04-06 02:05 | きりんとしゃちの物語

きりんの怖いもの

無鉄砲なきりんちゃんにも、怖いものがありました。
それは、動物の鳴き声です。
a0101008_19333432.jpg

犬のほえ声は、耳を澄まし、声のする方に指を指すくらいですみます。
でも、馬や牛、ニワトリ等が鳴くと、きりんちゃんは、どんなに暴れていても、
どんなに大声をあげていても、ピタリとそれをやめ、体を硬直させて、次の
動作を慎重に考えるようなしぐさを見せます。

中でも隣の羊の声が一番怖いみたいです。
羊が鳴くと、上の動作&しぐさなしで、私の方にすっ飛んできます。

私やモモの動物の鳴き真似も、あまり好きではありません。
やはり羊の「め~ぇ~」「Baah~」ってのが一番嫌がります。

一体どんな風に聞こえるのでしょうね。何だと思うのでしょう?

私とモモには、きりんちゃんの普段の大声&悲鳴の方がよっぽど不愉快なのですが・・・。


写真は、隣の土地の動物の写真。
モモや姪っ子たちのリゾートな服装と不釣合いな環境が面白いでしょ。
(牛は、乳のため。羊は、そのうち食卓を飾る料理になるでしょう。)
a0101008_1934066.jpg

a0101008_19342245.jpg

[PR]
by megimei | 2008-09-20 19:35 | きりんとしゃちの物語

日本で撮りました

a0101008_1457233.jpg
近くの"水の流れる" 公園にて。 地面が荒いと、腕立て型はいはいをしてました。ここでの彼女の楽しみは、流れている水に顔をつけて、それを飲むことでした・・・。
a0101008_14582360.jpg
妹の住む近くの公園で、「ウルトラマンショー」があるとのことで、行ってみた。やってきたのは、タローだった。
a0101008_14584754.jpg
この頃、買い物に行けば、寝ていた。仕方ないので、ショッピングカートをモバイルベッドとして使わせてもらってました。日本のカートは、車輪がしっかりしていて、とってもスムーズ。
a0101008_14591087.jpg
生まれて初めての高熱にも、彼女はめげません。
夜中に急に起きてきて、体をピクッピクッとさせ、ひきつけを起こし、緊急病院へ駆け込みました。途中、何かに取り付かれたような感じになり、恐ろしい血相をしてましたが、病院へ足を踏み入れた途端、おだやかに。 どうも、「熱性けいれん」みたいです。
「突発性発疹」も、この数日後に体験。マニュアルどおりです。
a0101008_1505132.jpg
日本の夏と言えば、祭りでしょう! 久々に遊んできました。 
昔は、心躍らせた一大イベントだったのに、行ってみると、何もかもがちゃちく見えてしまう自分が悲しかった・・・。 でも、昔からちゃっちかったものは、逆に新鮮に感じたりして~。
a0101008_1514021.jpg
平塚の七夕祭りに行きました。モモもいたので、二人で短冊に願いを込めました。
a0101008_1591075.jpg
伊豆・河津のキャンピング場。私達は、テントを持っていないので、バンガローを借りました。マットレスが用意されていました。トイレは水洗、温泉風呂まで準備されています!
なお、この山の中で、野生の小鹿に遭遇したことは、夏一番の思い出となりました。
a0101008_15125622.jpg
きりんちゃんセールです。
a0101008_15132630.jpg
キャンプ場近くの「三段の滝」でピクニックです。
a0101008_1513497.jpg
伊豆・下田の老舗酒屋です。「キリン」がいっぱい。
a0101008_15141341.jpg
こちらは、老舗かどうかは分かりませんが、相当味のある干物屋さん。この夜は、干物バーベキューだったことは、言うまでもありません。
a0101008_15143422.jpg
伊豆・白浜海岸で、海水浴。日本の海は、ポルトガルの海のように冷たくないのが、嬉しいわ。(それでも、きりんタンは、足をつけたがりませんが・・・。)
a0101008_1515628.jpg
きりんタン、初の花火体験です。か・な・り喜んでましたが、案の定、触ろうとします。
a0101008_15152842.jpg
キャンプ場の下の川原&森。 美しい~~~。
a0101008_15155661.jpg
日本の法事&墓参り。 坊さんの読むお経を子守唄にして寝ていました。
a0101008_15162785.jpg
鬼怒川ライン下りをしました。 きりんタンは、へっちゃら。 更には、一歳ならずして、船から身を乗り出すので、船頭さんに怒られるのではないかと、そっちの方がヒヤヒヤした母(私)でした。
a0101008_15165436.jpg
初めての誕生日を日本で祝いました。この先、どんな子に育つのでしょう。
a0101008_15171751.jpg
横須賀・ソレイユの丘にある、水場でお遊び。 頭からダイブしてはしゃいでました。こりゃ~、早く泳ぎを教えねば・・・。
a0101008_15174741.jpg
日本出発3日前から、素敵な軽井沢の貸し別荘に滞在しました。
この家が、私の家だったら・・・。夢が一つ増えました。
[PR]
by megimei | 2008-09-10 16:35 | きりんとしゃちの物語

どろんこ

子供って言葉どおり、真っ黒になるまで遊ぶのね~。

きりんタンは、動物的なので、常にこんな感じです。


■こんなになるまで遊びます。ハイハイなので、汚れる箇所が特徴的でしょ。
a0101008_082234.jpg


■泥を口にほおばってしまうと、なかなか取れないよ~!
土ってバクテリアがたくさんいるんだよね?
a0101008_2346128.jpg


■ほこりが積もった場所に行ってしまい。そこに落ちている ものとかを口に入れたり
するので、このザマですわい。
a0101008_23461297.jpg


水遊びでは、顔からダイブするし、(ホームで)老人達の口に 指を突っ込んで
まわるし(そして自分の口にも入れる)・・・。
もう、好きな様にしてちょーだい!
[PR]
by megimei | 2008-06-15 23:48 | きりんとしゃちの物語

初コンサート

5月9日。
きりんタン、初めてお父さん(モモ)のライブを見に行きました。(@Braço Prata-Lisbon)
たぶん、この日に来ていた観客の中で、youngestでしょう。
a0101008_156366.jpg

始まったのは、夜中の12時を過ぎてましたが、がんばって起きていてくれました。
演奏中も、騒音と眩しいライトの中、手足をバタバタして、喜んでいました。
ところが、さすがに疲れたのか、半分くらいたってから、船をこぎ始め、Zzzz・・・。
あの騒々しい中で、眠られるなんて、大したものです。

ライブが終わった後、また目覚め、遊んでいたのですが、乳母車に乗せ、
ふと気づくと、完璧に夢の中~。(下)
a0101008_1565844.jpg



ところでこの日、きりんタンは、TVデビューも果たしました。
モモがきりんタンを抱っこしたまま、TVインタビューを受けたのです。
インタビュァーのマイクをたまに奪うくらいで、以外に大人しくしていたそうです。
きりんタンのいつもの暴れ具合が公開されなくて、良かったぁ。


この日のライブの様子です。(ファン撮影)
[PR]
by megimei | 2008-05-20 15:26 | きりんとしゃちの物語

楽器で遊ぶ

多くの赤ちゃんが叩くのが好きなように、きりんタンも例外なく、叩くのが好きです。
a0101008_8272585.jpg

ジャンベを叩くのが楽しいみたいですが、ドラムの方が興奮します。
その秘密は、きっとあの棒(スティック)でしょう。それを持つと、人相が変ります。
a0101008_8275985.jpg

一番好きな楽器は、ギターみたいなんですが、ギターも弦のところをバチン、バチン
と叩いて、音を出しています。
「なるほど~。そういう弾き方があったかぁ~」と音楽全く駄目な私は、感心してしまいました。
音を出すのに、決まった方法なんて別にないものね。
a0101008_8282816.jpg

[PR]
by megimei | 2008-05-12 08:28 | きりんとしゃちの物語

夜の女

きりんタンは、夜でもアクティブなのである。

実は、バーデビューも生後2ヶ月くらいのとき。
世のお母様方に、怒られてしまいそうなので、今まで秘密にしていました。

正直、当時のバーは煙たいシーンが多かったので(現在ポルトガルでは、
飲食店での喫煙を禁止している)、家族で午前様して、たばこ臭いきりんタン
に気づいた時は、少々焦りましたがね。
心配で寝付けない私の横で、彼女は「ガーガー」と昼過ぎまで寝てました。


写真は、我が家での夕食。
真夜中なのに、きりんタンは、しっかり参加してます。
a0101008_6531745.jpg

こちらは、カスカイス・マリーナで、友人の誕生日で集まりました。
誕生日は正式には、次の日。みんなでカウントダウンしたのです。
この時は、彼女はお疲れだったので、ほとんどバギーで寝てましたが、
それでも肝心な時には、しっかりとお目覚めです。
a0101008_6534791.jpg


実は、昼間でも、みんなの輪の中にいたいみたいです・・・。↓
a0101008_6541318.jpg

[PR]
by megimei | 2008-05-09 07:02 | きりんとしゃちの物語