FMM2日目

a0101008_8461645.jpga0101008_8464180.jpg去年は、テントが朝日にさらされ、サウナ状態で寝られなかった。今回は、ちゃんと日の出の位置を確認して、場所を陣取ったので、マシではあったが、やはり日が昇るとアジー!

ourスケジュール>>> 
◆PM7時前=夕飯/スナック
◆PM10時前=Farida & Iraqi Maqam Ensemble イラク(城ステージ)
◆AM0時前=The Bad Plus 米国(城ステージ)
◆AM1時半前=Trilok Gurtu & The Misra Brothers インド(城ステージ)
◆AM3時半前=Tony Allen ナイジェリア(海岸ステージ)


スナック兼夕飯でビール片手にカタツムリを食べていて、Nuru Kane & Bayefall Gnawa セネガル(海岸ステージ)を見損なった。非常に残念。
海岸で日焼けしている時に、サウンドチェックが始まる。寝不足と暑さでダルくなった所に、聞こえてきたグナワギターの音色は、ヤバかった。次にトーキングドラムの音。サウンドチェックを見に行こうと強く思ったが、既に体が動かない状態に・・・。
あの時、無理をしていれば良かったよ~。
a0101008_8473523.jpg
イラクのバンドは、Farida&ファミリーでした。すっごい歌声!

アメリカのバンドは、ジャズというより、むしろエクスペリメンタルって感じ。3人の息の合い方は、怖いくらい。口があきっぱなしになる。
但し、(ジャズとか良くあるけど)独走されると、私には理解不能なんだよね。ジャガジャガとメチャクチャな音にしか聞こえなくて、正直ま~ったく分からない。ハハハ。

待ってました、Trilok Grutu。
はは~ん、なるほど、凄かった。でも、ファンサービス旺盛で、テクノ調にアレンジされるのが、納得行かない。始めから最後まで、トラディッショナルなのは、2曲程しかなかったのが残念。
Trilok 自ら「光栄に思ってください」と紹介した、爺さん歌い手二人は、言う事なし。それから、なんといってもサランギ奏者が最高でした。サランギは、最も難しい 楽器の一つとされており、(他の事情もあるのだが)演奏者がいなくなり始めていたのだが、ここ最近また若者がマスターし始めている。
きっと、これからも様々な場で登場するであろう。楽しみである。

最後のTony Allenは、ステージから遠すぎて、良く聞いてません。それより、睡魔と酔いで、どーでも良くなってました。

あ~、でも良かったぁ~。本当に、良かった~。
来年も、また行くぞー!
[PR]
by megimei | 2006-08-01 08:45
<< ハッカー戦争 FMM1日目 >>